大好きな駄菓子はガブリチュウです!

大好きな駄菓子はガブリチュウです!

ドラッグストアやコンビニ、スーパーでもおいてあるところもありますが、お菓子コーナーに一本30円くらいのガブリチュウというお菓子が存在します!

 

子供がいなければきっと私は購入して食べることがなかったであろうお菓子でもあるとは思うのですが、うちの子供が夢中で毎日食べる大好物お菓子でもあるので最近は親子で一緒にはまってしまっている状態でもあります。

 

 

 

簡単にいうとスティックタイプの大きなソフトキャンディという感じで噛みながら味わうハイチュウの大きくした版のようなソフトキャンディなのですがこれが本当にくせになるお味と食感でもあるのです。

 

遊びにでかけた先のトイザラス店ではなんとガブリチュウの一本売りではなくて徳用袋まで発見して親子で大盛り上がりとなりました。

 

doreenia

 

そう、いつも定番的に見るブドウ味以外にコーラ味、ラムネ味、ヨーグルト味がありお徳用セットになって販売されているのです。

 

 

 

世の中には本当においしい地味だけれどもおいしくて癖になるお菓子たちがいっぱい存在します。

 

これって地味な子育て中の毎日のひそかなお楽しみでもあり新発見でもありなんだかすっごく楽しいのです。

 

 

 

子供の目線は大人とは違うところがやはり日々の勉強だし自分にとっても新しい発見にもつながるので本当に面白いです!

子供のときから通う名店「和風とんかつ 丸忠」

 

私は和食の中でも「とんかつ」が一番好きなのですが、その好きな理由となった切っかけのお店があります。

 

それは東京の町田市にある「和風とんかつ 丸忠」というお店です。

 

 

 

ここは私がまだ子供のときから両親に連れて来てもらったお店で、ここのとんかつを食べてから、私は無類のとんかつ好きになってしまいました。

 

とくに私が丸忠のメニューで一番お気に入りなのが「ロースカツ定食(1300円)」ですね。

 

丸忠のロースカツは、行ったら必ず注文してしまうほど美味しいんですよ。

 

 

 

もちろん過去に他のメニューも食べてみて、それらも美味しかったのですが、やっぱり私にとってはロースカツが一番だと思いますね。

 

また注文したあと、とんかつがやって来るまでにいつもしてしまうのが、テーブルの横に置かれているツボの中に入った特製のソースの匂いを嗅ぐことです。

 

私だけなのかもしれませんが、丸忠のソースの匂いは不思議と食欲を増大させる効果あるんです。

 

 

 

もしかしたら子供のときから嗅いでいる匂いですから、私だけ変な思い込みというか、自己催眠みたいなものがあるのかもしれませんが、でも前に一緒に食べに行った友人も「食欲がそそられる匂い」だと言っていたので、あながち私だけの思い込みだけではないかもしれません。

 

 

 

そして問題のロースカツは、肉厚でサクサクな大きなカツで、特製ソースとすり胡麻をつけて頂けば、白米が何杯でもいけるほどの美味しさです。

 

もしとんかつ好きの方でまだ行ったことのない方は、是非オススメしたい名店です。

ランニングの魅力

 

走るのは好きですか?

 

私は、嫌いでした。

 

過去形で書いたのは、今は走るのが大好きだからです。

 

 

 

ですが、間違いなく、1ヶ月前までは走るどころか、運動自体が嫌いでした。

 

そんな私は、当然、中学、高校、大学と運動部とは無縁で、体育の授業では友人から「おまえ、ほんと運動神経ないな」とあきれられたほどでした。

 

 

 

そんな私がランニングするようになったのは、ある人との出会いでした。

 

1ヶ月前、わたしは勤務先の人間関係や仕事のことで悩んでいました。

 

「なんとかしたい」「ダメな自分を変えたい」そう強く思っていましたが、具体的に何をすれば良いかは分かりませんでした。

 

 

 

本を読んでも、カウンセリングを受けても一向に解決せず、憂鬱な日々を送っていました。

 

ある日、私は友人の紹介でその人に出会いました。

 

その人は、とてもエネルギッシュで明るく、そして私の悩みを真摯に聞いてくれました。その人が言いました。

 

「変えたいのではなく、変わる決意をすることが大事」

 

 

 

図星でした。

 

「変わりたい」は願望であり、それを願い続けても何かアクションを起こさなければ変わるはずがありません。

 

その時、私「自分を変える」と決意しました。

 

 

 

そして、その一環として、自分が今まで一番嫌いな運動、特にマラソンにチャレンジすることにしました。

 

「嫌いなことにあえて挑戦することで、日々の嫌な事のレベルが相対的に下がる」と教えてもらったからです。

 

 

 

それから、シューズを買い、ウェアを買い、そして走り始めました。

 

最初はやっとの思いで3km。ランニングが終わると苦しくて仕方がありませんでした。

 

しかし、今では、最長で20km走れるようになりました。

 

 

 

むしろ走りすぎてしまい、ランナーズニーという膝の故障を抱えてしまいました。

 

早く膝を治して、早くまた走りたい、と日々思っています。

 

これは、1ヶ月前の姿からは想像できませんでした。